フリーター、外で遊ぶ。

定職にも就かずにお外をフラフラしています(^o^)

フックキーパーを使うのやめました

富士工業(FUJI KOGYO) ルアー用フックキーパー EHKM-SB

富士工業(FUJI KOGYO) ルアー用フックキーパー EHKM-SB

 

 一年前ほどにあんなに絶賛していたこのアイテムですが使うのをやめました。

 

該当記事はこちら。 

orangeline.hatenablog.com

 

何があったかと言うとこれラインにたるみがあるとここに引っかかるんですよね。

いくらナイロンラインとは言えズリズリと擦れているのは精神的によろしくない。

ヘタクソなせいかそれが結構な頻度で起こるのでどうしたものかと思っていたところにこの動画を見つけました。

 


ア〜ッ!!ルアーのフックはリングにかけろ!!

 

ミラクルジムこと村田基氏の配信から一部がアップされているこの動画、どういう事かと言うと、

「リングの硬さはビッカース硬度で2000くらいある、棒ヤスリでガリガリやっても傷なんかつかない」

と言う話らしいです。

 

元々リングにフックをかけたら傷がついてラインに影響が出るんじゃないかとなんとなく思っていただけで根拠とかはなかったので目から鱗でした。

 

今までラインが絡むけどリングに傷がつくよりはとフックキーパーを使ってたのはなんだったのか(^_^;)

これだけに限らずミラクルジムの配信は他じゃ知る事のできない情報が満載でオンラインサロンも入会しようか悩みますね~。

アブガルシア セミハードパックロッドケースを買いました

バス釣りではアブガルシアのホーネットスティンガープラスの664Lと664Mの2本を使っているので、

2本一緒に収納出来るアブガルシアのセミハードパックロッドケースを購入しました。

 

 

2本のロッドそれぞれにセミハードケースが付属していたのですがその二つをランガン中に持ち運ぶのは邪魔。

かと言ってツーピース用のケースを使ってはパックロッドの意味がなくなるし…。

めんどくさくてベイトだけ、スピニングだけで出掛けた時に限って家に置いてきたロッドが欲しいシチュエーションに遭遇したり…。

とまあ、こんなセミハードパックロッドケースの登場を待ってた人は自分以外にもいるのではないでしょうか(^o^)

発表された時から気になっていましたがようやく買うことが出来ました。

 

ホーネットスティンガープラス付属ケースとの比較画像です。

(664Mと664Lのケースは同一品です)


f:id:nabeyamakai:20180714192419j:image

長さは10cmほど違い、持ち運びが随分と楽になったように感じます。

ランガン中に背中に斜め背負いしていても違和感があまりないです。


f:id:nabeyamakai:20180714192652j:image

厚みは3本収納と言うことで増しています。

付属ケースだとリュックのサイドポケットに入れる事も出来ましたがこの厚みだと流石に入りませんでした。


f:id:nabeyamakai:20180714192735j:image

地味な部分ですがジッパータグにロゴが入っているのは嬉しいところ。 


f:id:nabeyamakai:20180714191612j:image

内部の構造は付属ケースのポケット方式からエンド部分のみカバーするポケットとベルトで収納する方式。

同じアブガルシアのマスビート584ULの付属ケースに近いですね。

容量的には公称通り3本収納出来そうなのですがロッド留めのバンドは2本分しかないのが残念ポイント。

そこはもう少し工夫が欲しかったところです。


f:id:nabeyamakai:20180714205352j:image

価格も自分の購入時で2,709円とアブガルシアのロッドケースは他メーカーに比べて安価なのも魅力ですね。

使い勝手は良好で今日も6kmランガンしてきました。

ま、何も釣れなかったけど\(^o^)/

 


f:id:nabeyamakai:20180714211630j:image

ツッコミどころ満載の看板を見つけた事だけが収穫でした。

そこらへんに生えてたキノコ食うって酔っ払いにしても酷すぎ。

 

 

 

 

2018/6/16 本日の猿投山

熊騒動の後だからか今日はいつもより人が少ないように感じました。

まぁそれを狙って出向いたのですが(^o^)

熊が毎度律儀にカメラに写ったり登山道に足跡を残してくれる訳がないのだから今更騒ぐ話ではないと思いますけどね。

しかし世の中には熊に怯えるあまり、茂みにいきなり爆竹を投げる人もいるらしいので普段は付けない熊よけ鈴を装備しました。

 

 

広沢城や武田道では8時半の段階でまだ蜘蛛の巣が切られてない場所がたくさん。

パリピは大勢で早くに登り始めて蜘蛛の巣を取っ払ってくれるから山頂でのどんちゃん騒ぎの大宴会を許していたのに(勝手に言ってるだけ)

 
f:id:nabeyamakai:20180616173617j:image

f:id:nabeyamakai:20180616173543j:image

 

広沢城ルートでは誰とも会わず、第一山人を発見したのは武田道に入ってからでした。

 

 

今日はこんな場所を見つけました。


f:id:nabeyamakai:20180616173825j:image

囲いの向こうに何やら焚き火後のような…。


f:id:nabeyamakai:20180616173900j:image

ありました。


f:id:nabeyamakai:20180616174139j:image

看板の裏にはこのコメント。

私有地のようですが勝手に使ってもいいのでしょうか…?

 

 
f:id:nabeyamakai:20180616175241j:image

東の宮ルートと武田道で横切る舗装路。

最近気付いたのですがここは一般車の通行出来ない林道だったようです。

確かに車を見た事がありませんでした。

本日はここを休憩場所としました。

 


f:id:nabeyamakai:20180616175514j:image

いつも休憩を取る人気のないベンチで昼食。

暑いとジェルだけじゃ持たないと思い、100円ショップで保冷ランチ袋を購入して手製の握り飯2つを持参。

流行りらしい映え?を意識してみましたが微妙ですね。 


f:id:nabeyamakai:20180616175936j:image

お食事中の方がいましたらすみません。

武田道から水場に抜ける途中でため糞を発見。

カモシカではなくタヌキかな。

タヌキそのものはまだ見た事がありません。

 


f:id:nabeyamakai:20180616180450j:image

藪漕ぎを終えて水場までの平坦な道で。

橋を見ると何故か写真が撮りたくなる。

 


f:id:nabeyamakai:20180616180655j:image

ジオグラフィカのログです。

ようやっと東の宮鳥居付近?と展望台から続くルートを踏破する事が出来ました。

赤ペンキのマーキングと赤テープは随所にありましたがそこに至るまでの道が不明瞭でそれよりは地形図を見る方が確実ですね。

 

 

本日は新しい虫よけを導入。

 

【第2類医薬品】医薬品 サラテクト リッチリッチ30 200mL

【第2類医薬品】医薬品 サラテクト リッチリッチ30 200mL

 

やっぱり化学物質は正義ですね。

今までのどれとも違う効き目、なんと下山まで一箇所も刺されずに済みました。

自然だの天然だのと言う言葉に惑わされてはいけません。

人間は文明に守られているから生きていけるのです。